Entry : main   << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - | - |
【見てきました】Beats, Rhymes & Life:The Travels Of A Tribe Called Quest
先日、雪が降り積もる中、A Tribe Called Questのドキュメンタリー映画、「Beats, Rhymes & Life:The Travels Of A Tribe Called Quest」を見てきました。

11月からヒューマントラストシネマ渋谷で開催されていたのですが、時間が合わず映画は終了。
ですが、1/16より渋谷UPLINKでも上映が開始されていたので、やっとの思いでの視聴でした。





DJを始めるきっかけとなったのがHIPHOPだったワタクシはもちろんATCQが大好きで、
初めて買ったアルバムが97年、世間で評判のあまり良くなかった4枚目「Beats Rhymes & Life」でしたが(映画でもその点に触れています)、独特の音楽性に惹かれてファンになり、その後1〜3枚目収録の珠玉のクラシックに出会い、感じたことのないグルーヴや空気感にどっぷりとはまっていきました。

特に大好きだったのが、Electric Relaxation。
この曲のネタはRonnie FosterのMystic Brew(Two headed freap)で、

ベースとエレピの鳴り、そして3小節でループする展開は、斬新すぎるサウンドで当時初めて聞いたときはぶっ倒れた記憶があります。また、繋ぎ時にビートが合わないので、MIXの勉強になりました。 Q-TIPとPHIFEの掛け合いも本当にかっこよく、今でもラップをぼんやりと口ずさめるくらい、聞き込んだことをよく覚えてます。





さて、今回の「Beats, Rhymes & Life:The Travels Of A Tribe Called Quest」、主軸のテーマとなるのが、ATCQの解散について。

まず、冒頭はメンバーが言い争うシーンから始まり、「もう終わりだ」というセリフからATCQの確執にメスを入れいく映画なのだと予感させます。重苦しい雰囲気で、ここからもうゾワゾワ。。

当時のFRONT(HIPHOP雑誌)の記事にも原因が書いてあったと記憶してますが、Q-TIPとPHIFEの間で意見の食い違いが起きたことがきっかけ。その確執を各自のインタビューと当時の映像で追っていくのですが、それが非常にリアルで生々しく、グループで活動することの困難さを感じさせられながら、話は進んでいきます。

・・・・と、内容はネタバレになるので詳細は語りませんが、とにかく、デビュー時のライブ映像や伝説のDJ、KOOL DJ RED ALERTの現在の姿(すっかり白髪)、DE LA SOUL、バスタ、COMMON、QUEEN LATIFAHも登場したり、当時どんなことを思いながらライムを書いていたかを語るQ-TIP、親父のレコードからインスパイアを受けてLONNIE SMITHをサンプリングした話(CAN I KICK IT ?)などなど、HIPHOPヘッズにはたまらんご馳走満載です!

HIPHOP好きでなくても、彼らの熱い気持ちと友情にやられると思いますので、ぜひ見に行ってみてください。



1月23日には、Kダブシャインとライター二木信さんのトークイベントも開催されるようなので、是非是非!
| sight | 22:25 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:25 | - | - | - | - |